山本式・花粉症対策王ープロの花粉症対策法

2009年04月27日

読む人の幸せを心に願って作る

支え合っての人生だから・・・No.477

山口県岩国市のKさんは、77歳です。
よろずや屋を営んでいた20年前、頼まれてダスキンの交換をはじめ
ました。店は閉めましたが、市内から車で30分の程、山あいで、
いつも3つの集落25軒のお世話をしています。

自分も結構な年だが、訪ねる先も高齢の一人暮らしの方が多く。
「ご苦労様! 助かります」「元気かいね、変わりはないかね」
励ましたり、励まされたりだと、大きな声で、笑っておられました。
「いつもより遅いけど、具合でもわついのですか」と電話をもらう
こともあります。積もる話で、時には茶菓子がでて、午前中いっぱい
掛かるひもあり、仕事の中にあたたかい人情を感じます。
自分の訪問が待たれていることの嬉しさを感じながら、元気で動ける
間は続けたいと思っています。
ダスキンの創業者 鈴木清一は、「いかに多くの人に喜ばれるか、い
かに多くの人のお役に立つか、ということを、日々の生活の中で、
生かしてゆく事こそが、人生の目的であり、人間の生きがいであると
思うのです」と言っていました。
「ご縁があって、つながりあって支え合っての人生だから」と戦争、
国鉄職員、よろず屋と人生を歩んできたKさん、お客様を訪ねる姿に
創業者の思いが重なります。

株式会社ダスキン会長 伊東 英幸

TS3D0185.JPG

今回は、種まき新聞を抜粋して記載いたしました。

また、次回送られてきましたら、紹介いたします。
posted by 生活の知恵ちゃん at 14:14| Comment(0) | タネまき新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
企業買収の抑止